借金地獄ブログの様な生活に終止符を打った方法です。借金地獄

借金地獄の苦しみから抜け出せた方法です。

 
借金地獄に困っている方に
借金が意外な程、
簡単に減った私の方法を
書かせていただきます。

 

借金地獄ブログを見てみると、
本当に人間の生活とは思えない程、
苦しい生活をしている人ばかりです。
 
食事も自炊ばかりだし、
趣味に使うお金も無し。。。
 
週末は家でテレビを見るか、
散歩するくらいです。
楽しみはコンビニで立ち読みをする
くらいしかない
寂しい生活です。
 
こんな生活をしている人は
本当にいます。

 

恥ずかしいお話しですが、
ちょっと前までの私です。。

 

給料は手取りで約16万円と
安月給の冴えない独身です。
 
毎月の支払いは
家賃や光熱費、
携帯代や食費を引くと
8万円くらいですが、
ここから毎月の消費者金融への支払いが
7万円あります。
 
残った1万円には
付き合いの飲み代や
下着などの消耗品、
病院代などは含まれていないので、
必然的に苦しいのは
簡単に想像できると思います。

 
給料日は楽しみではない人生って
どんなのか想像出来ますか?

 

地獄ですよ。。。。

 

ずっとくらいトンネルの中を
歩いているというのが
しっくりくる表現だと思います。
 
「こんな人生なら生きる意味ないな。。」
なんて、思ったりします。
 
親と同居していますが、
家にお金は入れていません。。
 
親とケンカもよくしますけど、
尊敬はしています。
 
しかし、
その親に働きだしても
恩返しの1つも出来ずに

ダラダラと生活していました。
 
そんなダメ人間の私にも
転機が来ました。
 
夜中に私がトイレに行く時に
母が親戚と電話をしているのを
聞いてからです。
 
母は私が小さい時に離婚していて
女手一つで私を育ててくれました。
 
その母が母の姉と電話をしている時に
泣きながら私の事を話していた時です。
 
詳しくは電話の内容を

聞けてないですが、
私の今後の人生を
心配している内容でした。
 
それを聞いて時は
 
が止まりませんでした。。

 

こんなに心配してくれている
母親に対して申し訳ない気持ちと
恩返しがしたい気持ちで
いっぱいになりました。。。

 

 
そんな人生に
ケジメをつけようと
職場の近くの弁護士事務所に
勇気を出して
電話をしてみました。

 

「とりあえず、事務所に来て下さい。」

 

と、言われましたが
相談料が1時間5000円かかるらしく、
また平日の18時までしか
対応していないと言われ
諦めました。

 

 

恥ずかしい話しですが、
お金がないのに、
相談料を払えるわけはないです。
 
なんとか
相談費用が安く済む所をネットで
探していたら、
評判が良いところがありました。
 
街角法律相談所というところです。
http://www.matikadosaimu.com/

 

24時間
匿名で
住所や電話番号を
相手に知られる事なく、
借金の減額シュミレーションが
出来るサイトです。
 
実際に利用した人の
97%以上の人が
借金を減らしたり、
0円になっている人も
多数いるサイトです。
 
 
ネットでも良い評価が沢山あったので、
私も利用してみました。

 
私の場合の場合は昔に完済した
借金の過払い金が返ってくる
と言われました。
 
他にも色々と減額出来る方法を提示され、
驚きました。。
 
素人には知らない方法がこんなに
沢山あるのが意外すぎて
関心すらしていました。
 
結局、
500万円以上あった借金が
170万円まで減ったので
残りもムリなく返済しております。

 
あと、2年もすれば完済です。
完済出来たらやりたい事を
少しずつしたいと思っています。

 

迷惑をかけた両親との旅行が
最初の目標です。
 
恩返しが済んだら
自分の為に貯金をします。

 

幸せな人生に向けてやっと
新しい自分がはじまる気がします。
 
今は生きている実感が
凄くあります。
 
相談してよかったと心底思います。
 
借金で悩んでいる人は
1度利用してみる事をオススメ致します。
 
最後に私が利用した
借金シュミレーション
のURLを
書いておきますので
借金地獄でお悩みの方は

サイトだけでも見てみて下さい。

 

1人でも多く借金地獄から抜け出す事が
出来る様に祈っております。

 

こんな変な文章を最後までお読み下さり、
ありがとうございました。
 
それでは失礼します。

 

・街角法律相談所の
借金減額シュミレーションサイト
http://www.matikadosaimu.com/

 

  借金地獄とは 借金地獄とはその恐ろしい言葉の通り、大量の借金に苦しめられているときによく言われる言葉です。 実際に本当に厳しくなったという人たちは、地獄と言う他ない感じだと思ったと言う方が多くいました。 ですが、借金を多くしていても上記のような借金地獄にならない人もいるのです。 まず、借金をする人の大まかな特徴を挙げてみると、 基本的に無責任に突っ走ってしまう人やだらしない人が借金してしまうようです。先を見たり将来を考えずに行動してたり、我慢できない性格、そもそも返済の必要があるのにお金を借りるということに抵抗が無いことが主に挙げられます。 他には浪費癖があって贅沢したがる人、稼ぎと支出の計算しかしておらず金銭の管理が適当になっている人、ギャンブルが趣味な人などどの方もお金を使う事に関して適当になっている人が非常に多いです。 そもそもお金について適当という以前に、自分の感情を上手にコントロール出来ない人が借金を抱えやすいと言えるのです。 良い車が欲しくなってローンを組めば買えることに気付いたとか、高い時計を付けていれば良く見られると思ってキャッシングしたとか、借金を抱えてしまった経験がある人は、例えばですがこういったケースに心当たりがあると思います。 これは本当にわずかにでも欲しいと思ったらすぐさま買ってしまうということなのです。 一切計算せずに欲しい物をどんどん買っていくとどうなるかは誰でもわかるかと思います。 現金は当然無くなり、カードでの支払いも間に合わなくなり最後には借金を抱えることになります。 しかし、このようにして借金を抱えた本人は事の大きさに気づいていないことが意外にも多いのです。 これは今までのお金の使い方が自分の中で基準になっていて借りたお金も、無くなればもう一度借りれば問題ないという思考になっているためです。 ですが借金を重ねに重ねることにも限界と言う物が当然あります。 消費者金融にも限りがあるので行ける範囲のところではどこからも融資が出来なくなったときようやく、今までやってきた事の重大さを感じてきます。 その頃にはもう催促の電話や、郵便が数多く送られてきているかと思います。借金地獄とはここから始まるのです。 膨れ上がった大量の借金はどうやっても返すことが出来ず、毎日かかる催促の電話や郵便物のおかげで多大なストレスを受けるのにもかかわらず見栄っ張りな性格が災いして専門家などにも相談できず、最後は自殺するというケースもありました。 このケースはまさに借金によって地獄に行ってしまったような人ですが決して珍しいことではなく、借金は人を破滅させるものなのです。 借金地獄じゃなくても、少額でも借金を抱えてしまうという事はとても恐ろしいことなのです。 上記に挙げたような性格や癖に1個2個程度当てはまる人ならあまり問題ないかと言えます。ですが、ほとんど当てはまったと言う方などは非常に借金をしやすいかと思われますので、借金地獄には絶対にならないよう気を付けて下さい。   借金時計とは 借金地獄 自分も今初めて聞いた言葉になるのですが借金時計という言葉をご存知の方はいるでしょうか。   借金地獄の時計とは、政府や、地方自治体にどれだけの額の借金があるのか、時間当たりの平均の額をリアルタイムで表示しているのが借金時計と言うのです。   借金をリアルタイムで計算して知る地獄さ、と考えてみるととても怖くなるかと思われます。   借金時計と言うのが現れはじめた理由には、以下の地獄のような背景があるようです。   「国民に国や市の財政運用を知ってもらい関心を持ってまらえるように、役員の人には緊張感を持って国市政を行ってもらうために設置された。 (借金時計とはhrdocfest.com/05lから抜粋しました)」     このように、国民に関心を持ってもらうため、役人の自戒のための物なのです。   最近ではこうした借金時計と言われる物は日本以外に世界各国でも設置され始めました。政府全体の借金地獄の他にも州ごとや県ごとで借金地獄の確認が出来るようになっている物もあるらしいです。   時計の建造物として、町役場などに借金時計が立てられる場合もありますが最近ではウェブサイトとして気軽に借金地獄を確認できる借金時計を公開しているところもあります。 こうしたものは借金時計ならぬ、借金カウンターと言って家に居ながらでリアルタイムに見ることが出来ます。 借金地獄 よく様々なメディアで日本は世界で一番借金地獄がある、等と耳にすると思います。ですが、日本人は金持ちが多いという印象を持っている外国人も多くみられるのです。 海外旅行に関するガイド本などでは日本人を主なターゲットにしたぼったくり、スリなどの犯罪が多発しているので十分に注意するべき。 と言う内容を見るかと思いますが、外国は危険だという意識と警戒心の低さに加えて上記のような金持ちと言う印象があるのも原因になっているようです。 借金地獄 しかし、現実には日本は借金地獄大国なのです。一体なぜかと言うと日本の借金地獄とは地獄のような「日本国債」の事を指しているのです。   この日本国債がなぜ借金地獄というのか、どこからの借金なのかというと、外国は日本の国債を買っておらず、日本国民から借金地獄をしています。   分かりやすく言うと政府が国民から借金地獄をしている。という事です。政府は景気を回復するために国民からお金を借りていますが、一向に景気が上がった気がしないのは、お金を使わないと景気がよくならないためです。不景気だと国民はとてもお金を使わずに貯めようとします。 貯めてるがゆえに国がお金を使わなければならなくなっているのに使うお金が無いため、国民のお金を使う。借金地獄をしているということです。   通常の借金地獄とは返さなければなりませんが、普通の日本国民には基本的には返還されません。テレビなどで血税地獄が使われている等と表現されると思いますが、その通りで官僚などに何らかの方法で取られているからです。   現在2014年になりましたが、今年こそバブル期のようなおかしいものとは全く違う、誰もが経験したことのない新しい好景気状態になるのでしょうか。そして借金時計地獄の借金地獄が減り始めることになるのかとても気になりますね。     ・街角法律相談所の 借金減額シュミレーションサイト   借金地獄の末路   借金地獄に陥った最後にはこんな悲しい事件もあります。   ここに悲しい事実があります。平和に見える日本は、毎年3万人近くの人が借金地獄で自殺している、自殺地獄大国であるという事を。これは大きな社会問題でもあります。では何故この人達は借金地獄の末に自殺という最終手段を選んでしまったのでしょう。一番多い動機は健康地獄問題で、全体の半分を占めます。いわゆる病気を苦にして、という自殺です。それに続くのが借金地獄による金銭や経済問題によるものです。これだけでも年間4千人という人が亡くなっています。金銭的に借金地獄に陥り、どうしようもなくなってしまって、ついに最終手段として死を選んでしまったといえます。その背景には借金問題が大きく関わっていると思われます。ですが、自殺は絶対してはいけません。借金地獄で悩み、苦しくて人生が終わったと悲観してしまう。金銭問題は複雑で、千差万別です。様々な事由から借金を持ち、借金地獄に陥ってしまう事で追い詰められる。そして、社会的バックアップを受ける事が出来ず、行き場をなくして、最後には地獄のような死を選ぶ。そういう流れが借金地獄金銭問題で自殺する人には往々にして見られます。でも、死ぬ事で解決する事はないのです。お金の地獄問題は、必ず解決する方法があるはずなのです。借金地獄苦の借金地獄から逃れる為の自殺。そんな悲しい事が起きない社会にしていきたいものです。   借金地獄をしたならば、少しでも早く返済地獄を終えることを考えてください。 返済期間が遅くなればなるほど利息がかさみ、借金地獄は増えていく一方です。   給料日の1週間前にお金が足りなくなりやむなく借りたという人は、すぐに返せるので、特に問題は起きないはずです。 問題は、返す当てがないのに借りて、またいつか返せばいいと考えている場合です。 返す当てがないということは、すぐに返せない地獄ということです。 すると、借金返済地獄が困難になる地獄状態になってしまいます。   お金の使い方が曖昧だから借金地獄を抱えてしまうのではないでしょうか。 借金地獄をして生活をやりくりすることも、一つの方法ではあります。 しかしその前に、使っているお金というものが本当に必要なのか、借金地獄をしてまで買うべきものなのか、よく考えるべきです。 支出を紙に書き出してみたり、レシートを見る癖を付けたりして、余計な支出を減らして、余った分を借金返済地獄に使うと良いと思います。 月に返す額を決めると、返済期間が見えてきます。 借金地獄を返済しているんだということはきちんと意識しておいた方が、返済地獄への姿勢も変わってきます。   一つだけ注意するならば、ギャンブル地獄についてです。 ギャンブル地獄で一発逆転地獄を狙うと痛い目を見ます。

 

結婚した当時からパチンコや競馬などのギャンブルが好きで借金地獄でなかなかお金がたまりませんでした。それでも新婚当初はぎりぎり生活できていたのですが、段々と負けが込んできたようで私に内緒でサラ金などから借金をするようになったようです。結婚3年くらい経った時に、夫の借金が発覚したのですが、その原因は夫がいわゆる自転車操業の状態になっていて、もうこれ以上借りられないことがわかったからでした。私が夫の代わりに借りてあげて、パートの稼ぎで払っていけば何とかなると考えていたのですが、利息が思った以上に負担になり、私の方も借金地獄の返済ができなくなっていきました。そんな時に知人から教えてもらったのがリヴラ総合法律事務所だったのですが、最初に相談に行く時はすごくドキドキしました。借りたことを怒られるのではないか、どんな人が出てくるのだろうと不安でしょうがなかったのですが、実際には拍子抜けするくらいとても親切で優しく、話しやすい方が相談に応じてくれたので私の方も素直に全部をお話することができて、「借金地獄でも大丈夫です、借金地獄は解決できますよ」と言っていただくことができました。私の場合は任意整理といって、借金を正しい利息に引き直す計算をしてもらい、それでも残っている債務を3年の分割で返済していくことになりました。自己破産とは違って、任意整理の場合は裁判所が入ることもないので官報に名前が載ったりもしないのがとても助かりました。やはり職場や近所の人に知られることが怖かったので、任意整理は自分の借金地獄の解決の希望にそっていたと思います。リヴラ総合法律事務所の先生から債権者に受任通知というものを出してもらったら、債権者からの取立ては止まりましたし、こちらの事務所は任意整理を得意としているようなので何もかも安心してお任せすることができました。さすがに私が債務整理をしたことで主人も今までの生活を反省したようで、今、2人でこの債務借金地獄を返済したら堅実に生きていこうねと話しているところです。